« HAPPY WEDDING | トップページ | 大沢在昌って »

2008年5月28日 (水)

宮部みゆき「楽園」

楽園 上 (1) 楽園 下 読み終わった~!

〈あらすじ〉 「模倣犯」にでてきたフリーライター・前畑滋子が主人公。あるひとつの依頼から、時効になった事件を調べることになるが、調べを進めていくうちに思いがけない真相が・・・

最初はゆっくりと、次第に早足、最後は猛ダッシュで結末へと展開していく筆致はたまりません!宮部みゆき、最高デス。

最初は、みんなが面白いって言うから、なんかあまり手を出せなかったんだけど、ダンナと付き合い始めた頃、オススメされて読んだ「蒲生邸事件」がめちゃくちゃ面白くって、それからハマってます。こんなに「はずれ」の少ない作家も珍しい。特にこういう現代ものと、時代物は素晴らしい。ファンタジーはね・・ちょっとイマイチなのが多いかな。「ブレイブストーリー」と「ドリームバスタ-」はまあまあだけど~

本の、「面白い」「面白くない」って、基準は人それぞれだから難しいけど、ワタシにとってたぶん一番の重要事項は「感情移入できること」みたい。

宮部みゆきの本に出てくる登場人物は、どこかに傷があったり、人を思いやるやさしさがあり、現実の世界ではなかなか出会えない人がいて、お話の中で起こっている事件は決して気楽なものではなく凶悪なものもあるんだけど、どこかそういう人たちによって救われた気持ちになる、そういう話が多いと思う。だから好きなんだろうなあ~

文章も読みやすいし、本をあまり読まない人に本を薦めるときは、必ず宮部みゆきの本を薦めます。

模倣犯(上) 模倣犯(下)「模倣犯」読んだのもずいぶん前だからなあ~、もう一回読まなきゃ。

|

« HAPPY WEDDING | トップページ | 大沢在昌って »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮部みゆき「楽園」:

« HAPPY WEDDING | トップページ | 大沢在昌って »